プレスリリース・広報・PR・マスコミ出演なら元テレビマンのメディア活用研究所

研究所概要

  • HOME »
  • 研究所概要

研究所概要

名称

メディア活用研究所

運営組織

FP相談室 マネー&キャリア

所長

大内 優 (おおうち ゆう)

住所

東京事務所 [アクセスのご案内を見る]
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-7-21-606

船橋事務所
〒273-0865 千葉県船橋市夏見6-12-20-609

電話番号

0120-783-536 (なやみ コンサル)

FAX番号

047-413-0423

 

メンバー紹介

所長 大内 優 -Yu Ouchi-

大内優

1978年 福島県郡山市生まれ。

慶應義塾大学卒業後、福島テレビ株式会社で報道記者として4年間勤務。
テレビ局時代は記者、レポーターとして事件や事故はもちろんスポーツやイベントを取材した。
時には、カメラマンとして冬山遭難事故や、マサイ族が踊る様子をカメラに収めた。
取材ネタの選定や番組制作で高い評価を受け、テレビ番組コンクールでの受賞歴もある。

記者時代に新潟県中越地震の被災地取材を経験し、情報量の差、特にお金に関する地域格差が大きいことを痛切に感じた。
そのため、「知らない人や弱者が損をする世の中を変えたい」と思うようになり、ファイナンシャルプランナーに転身した。

個人事業主や中小企業の社長の資金繰りや融資・保険・資産運用の相談を受ける中で、経費削減の方法として、テレビの活用を提案、好評だったことから、現在はメディア活用プランナーとして、テレビ出演のプロデュースをしている。

現場感覚を忘れないため、自身は千葉県船橋市のタウン紙(Myふなばし)のライターとして取材活動を行っている。

 

コンサルタント 市川 布美子 -Fumiko Ichikawa-

市川布美子

千葉県船橋市生まれ。
医療の仕事に携わるうちに社会保障制度や
マネープランに興味を持つようになり、金融の世界に飛び込む。

外資系生命保険会社の営業時代には、全国2,000人以上の新入社員の中で、
上位10%以内に入る業績をあげ、ルーキーコンテストで全国表彰を受ける。

ライフプランの話をすると、親身になって話を聴くために、
人生相談になってしまうことも。

特に30代から40代の働く女性からの信頼は絶大。
楽しく、分かりやすい情報発信を常に心掛けている。

愛とお金に溺れた人を助けるプロ。
ラブセービング協会認定「ラブセーバー」資格を保有。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

0120783536

平日でも電話に出られない場合や営業時間外は留守番電話になりますので、
お名前と折り返し希望連絡先を入れてください。
後ほど当事務所よりご連絡差し上げます。

 

お問い合わせフォームはこちら

受付時間:24時間365日受付中
営業日の24時間以内にご返信いたします。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
なお、メッセージの送信を持ちまして当研究所プライバシーポリシーに同意いただいたものとさせていただきます。

[プライバシーポリシーを見る]

お名前必須


メールアドレス必須


メッセージ本文必須


確認画面は表示されません。上記の内容でよろしければチェックを入れてください。

PAGETOP
Copyright © メディア活用研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
電話する